愛犬ダックスがヘルニアになってしまったら・・・

それは突然訪れた、急に振るえだし、足がもつれて、 ついには立ち上がることすらも出来なくなってしまった。愛犬Mダックスのヘルニア闘病日記。(対処方法等、参考になれば嬉しいです。)
インフォメーション

見にきてくれた方、度々来てくれる方、ありがとう!
ハロは無事鍼治療を卒業したよ~ q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p


検索エンジンよりお越しのみなさまへ

上記のカテゴリ内メニューの 「ヘルニアの知識」 「対処方法・闘病記」
へお進みください、実際の経験や調べた事等、思いが詰まってます。
ヘルニア(下半身麻痺)で困ってる方の少しでもお役に立てれば嬉しいです。


愛犬のハロはすっかり元気に走れるようになり、
最近では、つたない日常のブログと化しております。(∩_∩)♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

【飼主の心構え】

あくまでも自分の経験からのお話ですが・・・

まずは、軽くパニックになりました。

まさか・・・

自分の愛犬が、そんなバカな・・・ と。

知識が中途半端であったが為に、突然の出来事のように感じ、
尚且つ、勝手に自分の中で色々と想像を繰り広げてしまい、

もう歩けなくなってしまうん?

もしかして、死んじゃうの?

と、勝手な想像でパニックに陥ってしまったわけです。

早期発見の場合であれば、「え、もう治ったの?」位で済む可能性もありますし、かなり時間が経過してしまった場合でも、治る例も多々あるようです。

□ まずはどんな病気かを知る事が大切かと思います。

□ 前兆がありますので、しっかりと頭にいれておいてください。

□ 意外と進行のスピードが速いです、なってからではなく、
   なった時の為の手筈や心構えもあったほうがベストだと思います。

※ ダックスフンドは4頭に1頭の割合でなる可能性があるようです、
   ダックスを飼われている方は、相応の覚悟が必要かと思われます。
スポンサーサイト
[ 2007/12/16 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(1) | TB(1)

【環境を整える】

ヘルニアになってしまうと、足が不自由になり、

歩行困難や排泄困難になってしまう事が多いかと思います。

こうなってしまうと、どうしても今までの環境では厳しくなってきます。


歩行困難への対処

健康な時には軽々と乗り越えていた段差も、歩行困難になってしまえば、
ただの障害物に過ぎません。

■極力段差の無い、また危険の無い状態を作る必要があります。


排泄困難への対処

たいがい、後ろ足が麻痺するようです、後ろ足が麻痺するという事は、
排泄も困難になってくるという事でもあります。

既に自力で立ち上がる事が出来ない場合は、お尻を床に着いてする事になります。

慣れてくると、横向きにして器用にしてました (^^;
しかし、まったくお尻が汚れないわけではありません。

■極端な話、どこでも排泄をしてもいいような状況がベストだと思います。

■お尻をつけてしまうと、びちょびちょになってしまうので、トイレシートの上にタオルをいくらか重ねてひくと意外とお尻がさわやかでいられます。

■あとは、オムツをしてあげるか、ですね。
[ 2007/12/28 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(0) | TB(0)

【西洋医学と東洋医学の違い】

はじめに誤解の無いようにお伝えします、あくまでも素人観点です。(^^;

どちらが優れているとか、正しいとかを論ずる内容ではありません。

【西洋医学と東洋医学の違い】

■西洋医学・・・

人も動物も一般的に病院へ行った場合は、西洋医学の治療がほとんどだと思います。

原因(病気や菌)に対して薬を投与し、科学の機材を活用し治療する。

個人的に、薬はあまり好きではありません。

薬は病気の元凶である菌等を殺してしまう程の毒でもあるわけです、
元凶が死ぬという事は、体内をも少なからず破壊しているという事ですね。

とはいえ、まずは元凶を殺さねば・・・

それから本来の治癒力で治していく、ということですよね。


■東洋医学・・・

正直、怪しい類も存在するのも事実かと思います。

数字や理論で説明が困難な治療法もあるかと思います、
しかし、理屈はともかく結果が出る場合も多々あるわけです。

こんな事を聞いたことがあります。

患者:どうして鍼で治るんですか?

先生:鍼であえて小さなキズを作ることによって、そこを治そうと治癒力が
    働き、近くの病気も一緒に治そうとするんだよ。

と自分が病院のベットに横たわっている時に、こっそり聞いてました。笑

「なるほど~」と妙に納得してしまいました。

この表現が正しいのかはわかりませんが。


■結局は・・・

どちらも、本来備えている治癒力を引き出すが為の治療ですね、
後は、どちらが効率的か?もしくは信じられるか?

でしょうか。


[ 2007/12/28 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(2) | TB(0)

【病院選び】

難しい課題です。

まずは、近くの病院か、掛かりつけの病院に行くかと思いますが・・・

自分も、半分パニックになりながら、近くの病院へ向かいました。

一応、ネットで調べて、よさげなレヴューを元に行きました。
(後日、友人もあの病院、評判いいよって言ってました。)

しかし、結果は俗に言うセカンドピニオンとでもいうんでしょうか?

病院を変えることとなりました。

いくら、評判がいいといっても・・・

そこの先生と飼主があわないかもしれません。

必ずしも、その病気の治療が得意とは限りません。

もしかしたら、治療方法が納得できないかもしれません。

すべての病気に対して、完璧に対応出来るお医者さんは、

存在しないと思います。

ですので、現在の病気に適切な病院、先生を探しだしてください、

大変だとは思いますが・・・

何もしなければ、そのまま流されるだけです、

最後は、飼主であるあなたの決断と行動力で結果が変わるかもしれません。
[ 2007/12/30 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(2) | TB(0)

【ヘルニアの手術】

できれば手術はしたくない選択ですね。

西洋医学的には、麻痺症状が見られてから、42時間以内に手術をしないと、脊髄神経がダメになってしまうといわれています。

2度と歩けなくなるという事ですね。

東洋医学的には、42時間以内に手術をしなければというのは、あてはまらないようです、逆に、メスを入れてしまうと治るのに時間が掛かってしまうという見解のようです。


ちなみに、手術をするかどうかの見極めは、

足を強くつねった時に、痛みがあるかどか・・・

□ 引っ込めるのは、反射の作用なので、この判断は違うそうです。

□ つねった方へ顔を向けるたりする場合は痛覚への反応です。
   (顔がピクリともしなっかたら、危険ということでしょうか・・・)

って、言われてもね、素人に判断は難しいですよね。


また、手術をしたから高確率で治るわけでもないようで、

50:50 がいいとこだそうです。

ん~あまりいい数字ではありませんね、

良くてもですから・・・

しかし、他に方法がなく指をくわえて悪化していくのを見ていくのならと、低確率でも手術の可能性にかけてみようと思ってしまいます。

というか、実際そう思いました。

最終的には、手術手前で落ち着き、その後に鍼治療へと移行し、
現在は、走れるまでに回復してきております。

一歩、なにかが違えば、手術をしていたかもしれません。
[ 2008/01/04 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(22) | TB(0)

【リハビリ】

リハビリって程の事はしてないんですが・・・

やはり、半月以上もまともに足の筋肉を使わなかったせいか、
お尻周りが少しサイズダウンしとります。

このまま気を使いすぎて、あまり動かさないのもマズイでしょうし・・・

かといって、あまりハードで負担が掛かり過ぎるのどうかと思うし・・・

難しいですな。(ーー;)

様子をみながら少しずつですね。


先生には、普通に生活して大丈夫ですよ。
って言われてますが、やはり、少し心配です。

全体的に内股で、さらに右足が少し内側へ曲がってます、
プルプルすると、時々勢いあまって尻もちついてしまいます。

それだけ、踏ん張りがきかないって事なんでしょうね。


もし、手術をしていたら・・・

もっと、大変なリハビリ生活が待っていたんでしょうか?

そう考えると、少し怖いです。

まぁ、焦らず、ゆっくりとがんばります。
[ 2008/01/05 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(0) | TB(0)

【歩けなくなってしまったら・・・】

真剣に考えました、もし歩けなくなってしまったら・・・と。

まだ決まったわけではありませんでしたが、

近くの動物病院では、悪化するのを指をくわえて見ているしか方法がありませんでした。

もちろん薬は飲ませていましたが、良くなるどころか、
日に日に悪化しているような状況でした。

あげくには、手術をしても成功確立は決して高くはないし、
歩けなくなる可能性があると、思わずにはいられませんでした。

望まないけれど・・・

歩けなくなった時を想定して色々と調べておこうと思いました。

結果、この行動が後の針治療へとつながる事となるんですが・・・


歩けない場合、どのような介護が必要になるんだろう?とか、

現に、その状況下にある人たちの情報を求めて1日中パソコンの前に、へばりついてました。(いつも似たようなもんなんですが・・・(^^;)

一番の関心は、散歩はどうしてるんだろうか?

犬にとっての散歩が出来ないのは、一大事ですよね。

すると・・・みつけちゃいました。

なんと犬用の車椅子があるんですね~

これなら、お散歩できますね。

犬用の車椅子へ つづく。
[ 2008/01/08 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(0) | TB(0)

【犬用の車椅子】

犬用の車椅子があるんですね~

業販ももちろんありますが、個人で作成しているのもあるようです。

しかも、安いのにクオリティが高いのでビックリしました、そのワンコにあわせて調整してくれたり、見た目もカッコいいんです。

もし、歩けなくなってしまったら、ここにお願いしようと思ってました。

↓ココ↓
ポチの車椅子(神奈川県/全国可能)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~potinokurumaisu/



他にもありますよ~


チビ太の車椅子 (宮城県/全国可能)
http://chibitacar.hp.infoseek.co.jp/



桜花と車椅子(県不明/たぶん全国可能)
http://www.geocities.jp/sakurachan825/sub3.htm



上記は個人が運営販売しております、ワンコの気持ちがわかるゆえ、リーズナブルで手厚いサポートで対応してくださると思います、くれぐれもマナーを守った上でお問い合わせください。m(_ _)m
[ 2008/01/12 ] | ヘルニアの対処方法 | CM(4) | TB(0)
プロフィール

is-you

Author:is-you
-------------------------
名前: ハロ(Mダックス)
誕生: 2003/09/08
年齢: 10才
性別: ♀

病状: 椎間板ヘルニア
発症: 2007/11/10頃
入院: 2007/11/18
退院: 2007/12/09
完治: 2009/03/31
退院後、走れるまでに
回復しました。 (^^)V

病状: ソケイヘルニア
発症: 不明
入院: 2009/12/22
退院: 2009/12/23
完治: 2010/01/??

病状: 椎間板ヘルニア(再発)
発症: 2013/06/14頃
通院: 2013/12 完(以降問題無)
-------------------------
名前: is-you
性別: ♂

病状: 肺結核
発症: 不明
入院: 2009/09/18
退院: 2009/11/21
is-youの入院記録はコチラ
-------------------------

最近の記事+コメント

メールはこちら

最近忙しいので、コメント閉じちゃいましたので、御用の方はメールまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

track word

マウスについてくる犬の足跡

いぬのきもち

いぬのきもち「みんなでつくる犬種図鑑」

☆彡

ハロの通院先

ピア動物病院
↑再発後、鍼治療の通院先

オーシャン動物病院
↑ここに入院&通院してました。

ワンと共に・・・


犬の十戒

虹の橋

犬の聖歌

0円ではじめる健康法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。